床暖房に挑戦

薪ストーブから出る熱を利用して床暖房を付ける事にしました^_^

寒い古民家を凌ぐには、どれだけ暖房設備があっても困りません💦

YouTubeを見て、予習してましたが、いざやってみると想像以上に難しく課題が山積です😅

ペンキの空き缶にホースを付けて、お湯を循環させます。

が、中々お湯が温まりません(;_;)

どうやらブリキでできたペンキの空き缶は熱伝導率が悪いみたいです。

気を取り直して、今度は鉄製のお鍋を使って挑戦してみます。

それでも中々ホースのお湯の温まりが良くなりません。

お鍋で沸いたお湯を約100m近くのパイプを通してまたお鍋にお湯が戻ってくる、という仕組みですが、お湯が帰ってきた時は既に冷たい水になっています。

少しでも循環するお湯が温まるように、今度は銅管を煙突部分に巻き付けて、冷たくなった水を温める作戦です。

初めよりは温かくなりましたが、それでもまだまだです、、、。

思ったより、難しいです。

でも諦めません。

次回につづく。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次